バードウイッスル

投稿者 :榎本千絵 on

今日は、久々にバードウイッスルをしました。

餌台のある窓辺でピーピーと鳴らしたのですが、
誰も反応しません。

遠くでシジュウカラが夏の歌を鳴いています。

しばらくやってみて、誰もこちらに来ないので、
諦めようかと思っていると、
仲良しのヤマガラ君がやって来ました。

それで、嬉しくなって、ピーピーやると、
大急ぎで飛んで行って、向こうの方で、フィーフィーフィーと仲間に何やら報告しています。

その後、誰が来るかと楽しみにしていたのに、
誰も来ませんでした。

主人が笑って、「みんな怖がっているんだよ」
「恐ろしい鳥が中にいるかと思っているんだよ」

もっと仲良くなろうと思っただけなのに。

「カワラヒワが、目の前に餌があるのに、食べられなくて、
チーンと枝に止まっていて、寂しそうだったよ」と言います。

しばらく待ったのですが、ヤマガラも、鳩も、カワラヒワも、いつものメンバーが来ないのです。


「お母さんは深く反省しなくてはいけないよ。」

何も怖い物なんかないのに。

主人:「ガラちゃん(ヤマガラのこと)がみんなに怖いのが中にいると報告したんだよ、きっと。」

私;「クマのプーさんのスグモドルのようだね。でもきっと直ぐに戻ってくるよ。」

しばらくして、日が暮れる少し前にガラちゃんがやっと戻って来て、
エサ代ででトントンしながら、餌を食べてくれました。

戻ってきれくれて、よかった。

変な鳥はどこかに行ったと思ってくれたのでしょうか?

それとも、私が変な鳥から、元の人間に戻ったと思ったのでしょうか。

変な鳥の鳴き声は、餌場ではするものではありませんね。

今度は、森にお散歩に行ったときに、鹿の赤ちゃん相手にやってみようと思います。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →