隠岐の島 黒曜石 AAAグレード 60mm 御神鏡 ディレクトリーカード付 (ID:61323)

  • ¥42,800
    単価 あたり 
税込  配送料は購入手続き時に計算されます。

残り0個!

・商品名 :隠岐の島 黒曜石 AAAグレード 60mm 御神鏡 ディレクトリーカード付 (ID:61323)

・サイズ(mm) :直径約60mm X  厚さ6mm(鏡の大きさ)

・重量      :約45g(鏡本体の重量)

・産地     :島根県隠岐郡隠岐の島町久見

・金属部分の材質:---

【商品の説明】

◆ 本商品写真は現物のものです。写真の商品をお届けします。画像のディレクトリーカード及び木製の専用台をお付けいたします。この神鏡は、島根県隠岐の島産の黒曜石を地元の職人が磨き上げた鏡となります。(両面が磨き上げられております) 隠岐の島産黒曜石の神鏡は出雲大社に奉納されていたと伝えられております。
◆ 御神鏡(しんきょう)とは、神社で祀られている鏡のことです。神霊の依り代(よりしろ)となり、神様のご神体として信仰されています。 御神鏡は、古代から鏡に神の力が宿ると信じられてきました。鏡は、太陽の光を反射して輝くため、太陽神である天照大神(アマテラスオオカミ)を象徴するものと考えられています。また、鏡は真実を映し出すものとも考えられており、神様の真意を映し出すものとして、神社に祀られるようになりました。 御神鏡は、三種の神器のひとつである八咫鏡(やたのかがみ)を模したものと言われています。八咫鏡は、天照大神が天岩戸に隠れた際に、天照大神を呼び出すために天照大神の弟である月読命(ツクヨミノミコト)が天照大神の三女である天手力男命(アメノタジカラオノミコト)に作らせた鏡です。
◆ 今では採掘が出来ない希少な隠岐の島産黒曜石です。 島根県の離島「隠岐」は、中国地方で唯一の黒曜石原産地。 隠岐の地質と環境が、この大変良質の黒曜石を生み出しました。 黒曜石とは500万年前の火山活動により流紋岩質のマグマが急冷してできた天然のガラスで、この隠岐産の黒曜石は中国四国地方や新潟県の遺跡からも出土しています。 隠岐の黒曜石が「良質」で古代の生活には 欠かせない石であったことが想像されます。

オススメ商品