北海道 幌満かんらん岩 橄欖岩 203g (ID:55700)

  • ¥4,500
    単価 あたり 
税込  配送料は購入手続き時に計算されます。

残り0個!

・商品名 :北海道 幌満かんらん岩 橄欖岩 203g (ID:55700)

・サイズ(mm) :68 X 55 x 35

・重量      :203g

・産地     :北海道様似町幌満

・金属部分の材質:---

【商品の説明】

◆ 本商品写真は現物のものです。写真の商品をお届けします。
◆幌満かんらん岩(ほろまんかんらんいわ)は、北海道の日高振興局様似郡様似町にあるかんらん岩体の総称です。日高山脈南部の幌満川流域を中心に分布し、約8km×10kmの範囲に広がっています。日高山脈は約1,300万年前に起きた、2つの大陸プレートの衝突によってできました。その衝突の際、地殻の下にあるマントルの一部が突き上げられるように地上に現れたのが「幌満かんらん岩体」、つまりアポイ岳です。アポイ岳周辺には、地球深部のマントルの情報をそのまま持っている新鮮なかんらん岩が広がっており、世界的に注目されています。 かんらん岩は、主にかんらん石、直方輝石、単斜輝石という3つの鉱物からできています。そのうち、最も多く含まれているのがオリーブ色をしたかんらん石で、その美しい結晶は8月の誕生石「ペリドット」という宝石になります。かんらん岩の学名「オリビン」は、このオリーブ色からつけられました。  かんらん岩は、地下深くのマントルから上がってくる過程で、水分と反応して「蛇紋岩」という別の岩石に変化してしまうことが多いのですが、アポイ岳のそれはほとんど変質することなく地上に現れています。また、含まれる鉱物の種類や割合の違うさまざまなタイプのかんらん岩があることから、マグマがどのようにしてできるのかなど、地下の様子を知るうえでの貴重な学術標本となっており、「幌満かんらん岩(Horoman-peridotite)」の名で世界的に知られています。

オススメ商品